就職の面接のマナー、服装、注意点

更新日:

就職の面接ではどのようなことに注意したらいいの?

就職、転職

面接は自己紹介だけで終わることはないので、自己紹介で情報を詰め込まず簡潔に名前と今までの経歴の紹介に留めることが大切です、短所を面接でいうことが、必ずしもマイナスポイントになるとは限りません。自分の長所だけではなく短所を理解しているということは、自己分析がしっかりできているとも言えます。

自己紹介は簡潔にまとめておこう!

就職活動における面接で、必ず聞かれる質問の1つが自己紹介です。自己紹介は最初に聞かれることが多い質問なので、面接官の第一印象が決まる大切な質問です。

第一印象を少しでもよくするために、自己紹介でどのようなことを言うのかあらかじめ整理しておきましょう。

自己紹介をするときのポイントの1つが、言いたいことを詰め込まないという点です。面接は自己紹介だけで終わることはないので、自己紹介で情報を詰め込まず簡潔に名前と今までの経歴の紹介に留めることが大切です。

最初の質問から回答が長いと、面接官に悪い質問を与えてしまうかもしれません。参考サイト:何から始めればいい?就職活動をスタートするために

また就職活動での面接は、1人で面接を受けるのではなくグループ面接になるかもしれません。

グループ面接の場合、1人30秒で自己紹介と持ち時間が決められていることもあります。そこで30秒での自己紹介と1分での自己紹介の2つのパターンを考えておくのも1つの手です。

短所はマイナスポイントではない!?

就職活動で面接を受けるとき、自分の長所と短所について質問されることもあります。このとき長所は自己アピールになるとしても、短所をいうことはマイナスポイントになると考えている方もいるかもしれません。

ですが短所を面接でいうことが、必ずしもマイナスポイントになるとは限りません。自分の長所だけではなく短所を理解しているということは、自己分析がしっかりできているとも言えます。

短所がないと面接で言うと、自己分析ができていないもしくは自分に甘い人だと思われることもあるので注意が必要です。参考サイト:就職試験を突破するための重要ポイント

また面接で短所を聞かれたときには、短所を言うだけではなく克服するために心がけていることについて触れることも大切です。

自分の弱点を克服する方法がわかっている方であれば、自己分析がしっかりできている方ということで高い評価にもつながります。

-就職・転職

Copyright© 副業・就職・転職 , 2018 All Rights Reserved.