就職に有利な資格を取得する(介護業界編)

更新日:

介護業界に就職するために有利な資格

就職、転職

高齢者の体に直接触れないような仕事であれば介護資格無資格者でも従事できるので、施設の雑務全般や高齢者の個室の清掃などの仕事であれば就業可能、ケアマネジャー資格の受験資格を得るためには、介護福祉士として5年以上の現場経験が必要です。

介護資格は必要なのか?!

今後迎える超高齢社会に向けて、介護業界への需要はさらに高まることが予想されています。

そんな中、介護業界の将来性や今後の成長性、需要の高さを背景を考慮した安定性などから、就職希望者も年々増加傾向にあります。

さてここで気になるのが、介護業界で働くためには介護資格を取得しておいたほうがよいのでしょうか。もちろん、介護資格有資格者と無資格者では、就職の際に有資格者のほうが有利であることは当然です。参考サイト:求人ならハローワークが良い理由

しかし、介護業界には介護資格無資格でもできる仕事もあります。基本的に高齢者の体に直接触れないような仕事であれば介護資格無資格者でも従事できるので、施設の雑務全般や高齢者の個室の清掃などの仕事であれば就業可能です。

例えば、今後どうするかを検討するため介護の現場を体験してみたい人や、今は介護資格無資格者だがとにかくすぐに介護の現場で働きたいという人には、このような仕事から始めてみるのもよいのではないでしょうか。

介護資格とキャリアアップ

介護業界には介護資格無資格者でも従事できる仕事があるとはいえ、介護業界でのキャリアアップを考えて就職をするのならば介護資格の取得は必須です。

介護業界でキャリアアップをするには時間はかかりますが比較的明確で、介護職員実務者研修資格、介護福祉士資格、ケアマネジャー資格の順に資格を取得していく方法が一般的です。

まず最初の実務者研修資格ですが、資格取得のための講座を受けるのに受講資格はなく、介護資格無資格・未経験者でも受講可能です。

実務者研修資格取得後3年以上現場経験を積めば、介護資格唯一の国家資格である介護福祉士資格の受験資格を得られます。参考サイト:エージェントを使って就職を成功させよう

そして最後に介護系資格の最高峰であるケアマネジャー資格の受験資格を得るためには、介護福祉士として5年以上の現場経験が必要です。

スムーズに資格を取得できたとしても8年以上と長い道のりではありますが、目標設定をしやすい明確さであると言えます。

-就職・転職

Copyright© 副業・就職・転職 , 2018 All Rights Reserved.